オーガニックな葉酸サプリの必要性とは

葉酸がオーガニックである必要性

葉酸とは、ビタミンB群のビタミンの仲間の栄養素になり、主な効能は人間が持つ生理活動を活性化させる物質です。

 

次にオーガニックとは、添加物などを薬剤を使用せず自然由来の食品を使用して商品の添加剤の代わりとするため、口に入れる物に対する安全性を示す商品としてオーガニックという手法です。

 

つまり、経口摂取するサプリの多くがオーガニックという手法にこだわるのは、化学薬品で構成された添加物がどのような作用を及ぼすのかが、一切分らないため、自然由来の食品で構成した方が安全であると考えるのです。

 

葉酸も例外ではなく、自然由来の食品成分で構成することにより、経口摂取する際の安全性を高める手法となります。

人間は体内で葉酸が不足するとどうなるか?

葉酸は人間が体内で作り出すことができない栄養素であるため、不足すると人間にはマイナスの要素を引き起こす原因となります。

 

葉酸はビタミン群で主に免疫をつかさどる役割をしていて、不足すると免疫が下がり、ガン細胞が活性化し、ガンになるという事例が報告されています。

 

また、ガンだけではなく消化機能や心臓病のリスクも高まるため葉酸を取り込むには経口摂取にて栄養を吸収するか注射器にて体内に直接送る方法を取る必要があります。

 

なお、体内に直接葉酸を送る手法は医療行為として治療として免疫を活性化させる方法としての実績があり、医療行為としても葉酸は使用されています。

オーガニック葉酸サプリが何故注目されているのか?

オーガニック葉酸が注目されている理由ですが、オーガニック食品は日本においては有機認定JASを取得していなければオーガニックであると名乗ることはできず、ルールが厳格化されています。

 

その為、食品はもちろんのことサプリメントも例外ではなく、オーガニックであると証明しなければオーガニックであると名乗ることはできない厳格な決まりがあります。

 

この厳格な決まりがあるからこそ、オーガニックである食品やサプリメントは品質の保証がされており、安全の基準としても機能しているのです。食品は、消費危険を引き延ばすために添加物という化学製品を混ぜ合わせることで消費期限を引き延ばしているのですが、実は添加物には、有害な添加物というものがあり、病気の原因として挙げられているものを使用していることもあります。

 

これは、理由としては、添加物の危険性を判断する基準が海外と日本では異なり、日本は対応が遅いこともあり、海外では危険であるとされている添加物を日本ではまだ使用している可能性があることを指します。

 

消費者はサプリメントにおいても同様に添加物による健康被害があるかもしれないということを考えオーガニックであるという食品やサプリメントにこだわるのです。

 

オーガニックな葉酸サプリもその例で人間の生理活動、女性で言うと妊娠の様に新しく命を生み出すことなどで栄養を補うと考えた場合健康被害におけるリスクを回避するためオーガニックという製品に注目を寄せるのです。

オーガニック葉酸サプリのメリット、デメリット

オーガニックにはメリットがあり、自然由来であるからこそ、経口摂取する際に添加物の副作用を考えないで済むという利点がります。

 

また、自然由来の食品で添加物の代役を務めるという手法上、農薬を使用して作り上げた食材を使用した場合、オーガニックではなくなってしまうため、農薬も使えないのがオーガニックです。

 

農薬も実は健康被害を生み出す可能性がある物質で体内に蓄積することで健康被害を及ぼす物質であるため、近年のサプリメントでは農薬を使用して作られた食材からとれる栄養素を使用していないサプリメントもあります。

 

ただし、オーガニック自体にもデメリットはあります。一つは流通量の確保が難しいことです。

 

これは使用する材料の確保が難しく、かつ農薬を使用しないという制限がありますので限られた農家でしかサプリメントや健康食品の材料を提供できず、その農家が何らかのトラブルに見舞われ、生産量が十分確保できないという状況に陥った場合、商品を作り生産量を確保できなくなります。

 

その他にも保全の面において化学薬品を使用していない分、保存が効かないのもデメリットでサプリメントにおいても開封後すぐに使用しなければ商品が傷んでしまうなど制約が多いのです。

 

また、製造においてコストがかかるのもオーガニックのデメリットで、コストを回収するには、作られた商品の値段を上げる必要性があり、値段を上げた場合、消費者が手に取りその商品を購入してくれるのかという問題があります。

 

このようにオーガニック葉酸と言うサプリにはメリットもあればデメリットもあります。

 

消費者は如何にサプリメントのメリット、デメリットを理解したうえで商品を使用するかということを考える必要性があり、メリットとデメリットを理解せず、商品を使用した場合、思わない形で健康被害を被る可能性もあるのです。

タイトルとURLをコピーしました