はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、それが赤ちゃんの腸内に入ってしまうと腸内で増殖して毒素を発生させて食中毒を引き起こすことがあります。

大人の場合はすでに腸内環境が整っており、常在菌によってボツリヌス菌に打ち勝つことが出来ますが、赤ちゃんの場合は腸内がまだ未発達のためボツリヌス菌を増殖させてしまい最悪の場合には命を落としてしまう恐れがあるので一歳未満の子供には絶対にはちみつを摂取させないようにしましょう。

授乳するママははちみつを摂取しても良いのでしょうか?

母乳はママの乳房内の乳腺で、血液を原料に作られています。

なのでボツリヌス菌から発生する毒素が血液に含まれてしまうかどうかが問題になってきます。

腸内で増殖したボツリヌス菌から発生した毒素は腸内で吸収されて血液中に行くことはほとんどありませんので、授乳中のママでもはちみつは基本的には摂取しても問題はありません。

ですが、あくまでも基本的にですので摂取のし過ぎや基本的に体に合わない方は万が一のことも考えてはちみつの摂取を控えたほうが無難です。

大事な赤ちゃんですのではちみつの摂取を極力控えるか、粉ミルクを使用するのも一つの手です。

加熱すれば大丈夫でしょうか?

ボツリヌス菌は熱に強く、120℃程の熱には耐えてしまう菌ですので加熱したからと言って一歳未満の子供には絶対に与えてはいけません。

従って料理やお菓子にはちみつを使用したものを一歳未満の子供に与えないように注意しましょう。

美味しいおすすめ生はちみつ

最近スーパーで売られているはちみつにはシロップを混ぜた粗悪なものが売られている事を知っていますか?

養蜂場で育てられたはちみつはそんなことはなく、はちみつ本来のコクとまろやかさ、甘みを持っていてとても絶品です。

養蜂場で育てられたおすすめのはちみつをランク付けしたサイトがありますので是非見ていってください!