国産と外国産のはちみつを比べると、なんとなく国産の方が安全な感じがしていませんか?

食品として売っている以上どちらが危険という事はそこまで大差はなく、好みの問題の方が大きいでしょう。

はちみつは花の蜜を蜂が集めてきたものですが、濃厚なはちみつになるには花蜜の状態から更に熟成させたものの方が濃厚な味わいにあります。

外国産のはちみつに比べて国産のはちみつははちみつの水分量を少なくしてはちみつの濃度を上げて濃厚に仕上げていることが多いので、国産のはちみつは手間暇かけた分濃厚で少し割高の値段で販売されています。

安いはちみつに栄養を期待してはいけない

安いはちみつにはシロップが混ざっていたり、人工的に手を加えたものが多いのではちみつ本来の栄養素を期待できないばかりか、糖が多く含まれてかえって体に悪いものであるリスクが高いので、健康目的ではちみつを摂取するのであればちょっと高い国産の物を購入するか、専門店での購入をおすすめします。

外国産も悪いものばかりではないのですが国産のちょっとお高いほうが安心感があったりしますからね(笑)

良い生はちみつの選び方

純粋はちみつと書いていても実際には加熱を行われている場合があります。

そこで、見極め方のポイントとして濁り具合に注目しましょう。

生はちみつの場合は花粉や酵素などの成分が破壊されることなく残っているので白っぽく濁っています。

なので市販で生はちみつを購入する場合はうっすら濁っているものを選ぶようにしましょう。

但し、わざと加熱して濁らせている商品もありますので、美しい黄色の尚且つ濁りがあるはちみつを選ぶようにすれば質の良い生はちみつを購入することが出来ます。

美味しいおすすめ生はちみつ

最近スーパーで売られているはちみつにはシロップを混ぜた粗悪なものが売られている事を知っていますか?

養蜂場で育てられたはちみつはそんなことはなく、はちみつ本来のコクとまろやかさ、甘みを持っていてとても絶品です。

養蜂場で育てられたおすすめのはちみつをランク付けしたサイトがありますので是非見ていってください!