おすすめ読者
寒がりな女性とその子供

 

導入文

寒い冬、あったかい飲み物があるとうれしいですよね。
あったかい飲み物は体を芯から温めてくれます。
生姜とかはちみつが入っていると栄養もとれるし、体も温まりますね。
お湯を注ぐだけで簡単に作れる『ほっとしょうが』はいかがでしょうか。
作り方は簡単、コップに現役を入れて上からお湯を注ぐだけです。
はちみつの優しい甘さで子供も喜んで飲んでくれます。
冬場、スキーで遊んだ後一休みしているときにオススメのドリンクです。

商品情報

アサヒ飲料から発売されている『ほっとしょうが』はカルピスの姉妹品でスーパーやドラッグストアで冬季限定で購入できます。
原液をお湯で6倍に薄めて飲みます。
お湯の代わりに紅茶で作ると生姜が効いたジンジャーティーが作れます。

この商品のメリット

カルピスの姉妹品なので、作り方はカルピスと一緒です。子供でも簡単に作ることができます。
冬季限定商品なのでよくスーパーでまとめ売りされています。そのため特売の日を選べば安く入手することができます。
賞味期限は13カ月もあり、今シーズン飲みきれなくても来シーズンまで保管することができました。
そのままお湯で割るとはちみつの甘さが主役になった甘い飲み物ですが、
お湯の代わりに紅茶で割ると、生姜がアクセントになった美味しいジンジャーティーが出来上がります。
私は主に紅茶で割るために冷蔵庫にこの商品を常備しています。
炭酸で割るとジンジャーエールができますが、生姜のパンチが弱いので紅茶で割るほうが一番おいしいと感じました。

他商品との比較

今までは冬場は粉末状の生姜湯を飲んでいました。
粉末状の生姜湯はかさばるので大量に保管するのにスペースをとりますが、この商品は省スペースに収まりました。
この商品は一本でカップ約15杯作ることができるので、冷蔵庫の少しのスペースで省スペースに保管することができます。
市販の生姜湯は大人向けの渋い味ですがこの商品ははちみつの甘さが主役で冬場子供も喜んで飲んでくれます。
生姜シロップは生姜しか入っていなくて味がワンパターンになりがちですが、『はちみつしょうが』はあらかじめ生姜とはちみつがブレンドされているので、生姜以外にはちみつのまろやかさが加わって優しい甘に仕上がりました。
液体を希釈する作業が楽しい様子で、冬場子供も自分から進んで作ってくれるようになりました。

この商品にしかない強み

アサヒ飲料から発売されている商品なので、品質が保証されていて安心して購入することができました。
カルピスの姉妹品なのでスーパーではカルピスの横に陳列してあります。
このシリーズでは『ほっとしょうが』のほかに『ほっとかりん』『ほっとレモン』も販売されています。
スーパーでほかの味とまとめ買いすると値引きするまとめ買いセールがよく行われているのでお得に購入することができます。
時々チラシの特売品に載っているのでそれを狙って購入しています。
液体タイプなので自分の好みの濃さにアレンジすることができます。
お菓子作りの際、パウンドケーキの材料に加えてみたら生姜が味に深みを出してくれました。
アレンジの幅が広いので便利です。

この商品のデメリット

一度開封すると冷蔵庫で保管しないといけないので、長期間冷蔵庫に保管することになります。
賞味期限が13カ月も持つので、来シーズンまで保管することができますが、早く飲んだほうがいいのかなとあせることもありました。余ったら紅茶で割ったり、パウンドケーキの材料に少し加えたりお菓子作りにも使えるのでおもったより早くなくなることが多いです。
パッケージに書かれている作り方通りに作ると少し甘すぎるので、紅茶で割ったりお湯の量を多くして飲んでいます。

まとめ

液体タイプなのでお菓子作りや紅茶で割ったりいろいろなアレンジが効きます。子供にも簡単に作れるので冷蔵庫に常備しておくと子供が勝手に作って飲んでくれますね。スーパーで安価に入手できるし長期保存がきくので一度購入をお勧めします。

美味しいおすすめ生はちみつ

最近スーパーで売られているはちみつにはシロップを混ぜた粗悪なものが売られている事を知っていますか?

養蜂場で育てられたはちみつはそんなことはなく、はちみつ本来のコクとまろやかさ、甘みを持っていてとても絶品です。

養蜂場で育てられたおすすめのはちみつをランク付けしたサイトがありますので是非見ていってください!